NEW PROCESS 無水染色 それはそれはエコ。CO2大幅削減の<無水染色>。

ここがエコトーク

一般的な繊維の染色法は、染料染色。 生地に前処理をした後、染料が入った水槽に生地を浸け込み、 高温の蒸気で色を定着させたり、のり剤を洗い落としたりします。 大量の水や燃料を使う、エネルギー消費型の染色法です。

無水染色は、顔料を用いて染めるため、これらの工程を必要としません。 これまでの水を用いた染色に比べ、エネルギー消費や廃水コストの大幅削減が実現します。

省エネ&エコ。環境への負荷が少ない無水染色。

無水染色は、三菱鉛筆(株)が開発したナノ粒子の顔料を プリント方式で付着させ、乾燥するだけの簡便な染色方法です。 ナノサイズの顔料インク粒子を繊維に付着させる染色方法ですから、 薬剤を使って染料を繊維に浸透させる染料染色とは根本的に違います。 水を必要とせず、洗浄などの工程も必要ありません。
・インクジェット方式・ロータリープリント・パッド絞りの3方式があります。

染料染色と無水染色の工程比較

ポリエステル100%の場合

現行浸染との工程比較(ポリエステル100%の場合)

  • 大量の工業用水を使いません。
  • 重油・電気使用量を大幅に削減。